中心だけを見るな

10代の頃は人の話を滅多に聞かなかった訳ですが、、

心の救いは暗い音楽やアンダーグラウンドなサウンド、その世界観だけだったからです。


ネガティブなイメージの方が、当時の自分には肯定的に受け取れたし、

アンダーグラウンドなサウンドを奏でるアーティストこそが格好良かった。


カリスマを追いかけていただけなのかも知れない。



いわゆるインディーズのアーティストがメジャーなアーティストを食うような音楽シーンの動きがあったし、このThe Creator Ofというバンドも、ラウドロック界に君臨したあのSlipknotのライブの前座で、そのオーディエンスを完全に黙らせていた。

日本人が日本語で海外のバンドのパワーに挑めるんだなと面食らった。


「偽りの神がくる」


「中心だけを見るな」


不可解で逆をついてくるメッセージが心を暴発させ、

ライブという「感覚のない動き」へと向かわせていた。


そういう感覚を体感して、でかい音のエネルギーはぶっ飛んでるなと確信したのである。